術内容

当センターは、お客様の症状を確認いたしまして、症状に合わせた施術を行います。
その為、施術にかける時間・方法などは常に異なります。
また、お客様の立場に立ち、とにかくまずは、痛みを和らげることを第一と考え、その後に矯正を行ってまいります。
お客様によっては痛みが和らぐことで、安心される方もいらっしゃいますが、あくまでも根本的な解決にはなっておりませんのでしっかりと 「矯正」を受けていただく事をおすすめします。

状別施術内容

  • ■ 施術の大まかな流れ 

    問診 → 検査 → ほぐし → 矯正 → 説明・指導

    の順で行います。

  • ■「ほぐし」の流れ(基本的な流れ) 

    ※全身の筋肉を緩める為の作業をわれわれの世界では「ほぐし」と呼びます。
    まず、全体的に大きくほぐします。その後、症状別に細かくほぐすイメージです。

    上半身【背中→腰→肩→背中→腰】左半身→右半身
     ↓
    下半身【大腿部(太股)→下腿部(ふくらはぎ)→足裏→臀部(お尻)】左半身→右半身
     ↓
    肩(細部)左半身→右半身
     ↓
    首(細部)

  • ■ 骨(関節)の矯正

    一通り筋肉をほぐし終わったらカイロプラクティック療法による矯正を掛けていきます。
    必要であればどの部位でも矯正します。
    ただし、その患者様の状態や症状によりその都度、臨機応変に対応させます。
    主に、骨盤帯、胸椎、頚椎の矯正を手技にて行います。
    私個人の見解ですが、しっかりと早い矯正をしたほうが効果も早いのでそちらをお薦めしていますが、苦手な方もおられますので、その場合はゆるく押圧をかける矯正(ソフトカイロ)も行います。
    また、トムソンテーブルという特殊な矯正用のベッドも用意してありますので必要に応じてそちらを使用することもあります。

    ※矯正とは
    世間的に「ずれた骨を元に戻す」と思われがちですしそのような使い方をすることもありますが、本質的には固まってしまった関節に動きを付けてあげるといった感じです。
    細かい事をいいますと、それにより脳幹に刺激を与え、身体の神経の伝達をスムーズにし、人間の体に本来から備わっている治癒力最大限に引き出すことを目的としています。

  • 肩こり

    一言で『肩こり』と言っても首に近い所(皆さんがよく首の付け根と言う表現をされる場所)が辛い人も居れば、肩甲骨の間の部分(一般的に肩引きと呼ばれている場所)を訴える方も居られます。
    その患者さんの状況に応じて変えますが、肩と言うのは鎖骨、肩甲骨、上腕骨と丈夫の脊椎が関わる場所ですから、関連部位は全て固まっていますので、基本全てほぐす必要がある訳です。
    筋肉で言いますと、
    僧帽筋・脊柱起立筋・肩甲挙筋・肩甲下筋・菱形筋・大円筋・小円筋・棘上筋・棘下筋・頚板状筋・大胸筋・・・etc・・と言った感じです。

  • 首こり

    首が凝る方のほぼ全員が肩や背中の筋肉も酷い状態になってしまっています。
    ですからほぐす部位は上記とほぼ同じです。
    プラスするのは胸鎖乳突筋・頭板状筋、また状況によっては顔面の筋肉をほぐします。
    矯正部位は主に上部頚椎、上部~中部頚椎となります。

  • 腰痛

    腰は骨盤と関わりも大きく、酷くなると足の痺れや運動障害を起こします。 腰痛の場合、腰の筋肉だけをほぐしても余り解決はしません。
    主に
    臀筋全般・梨状筋・大腿部(前面、後面、側面)、腰の深部などをほぐしてあげる事が重要となります。
    矯正部位は主に骨盤帯、腰椎になります。

  • 膝痛

    膝は痛む場所、お皿(膝蓋骨)の位置から見て上下左右、もしくは深部なのか浅部なのかなど、どこに痛みが出ているのかにより施術方針が異なります。
    ですから、どの様な角度や姿勢で痛みがあるかを尋ね、それにより原因をしぼり、関与する筋肉を緩めていくという流れが多くなります。
    体重の前後左右のバランスが悪い為に痛みが酷くなっている事も多いので、骨盤の矯正は必須です。
    状況に応じて足首も調節します。

  • 偏頭痛

    心臓の脈と同じように脈を打つようにズキズキ痛みます。
    偏頭痛を訴える方には大きく分けて2通りおられます。
    姿勢から首の負担が大きくなり頭の付け根に酷いコリを発祥させ偏頭痛になってしまう方と、酷い眼精疲労から目に関わる筋肉がガチガチに固まってしまう方です。
    どちらもかなり辛い頭痛を起こしてしまいます。
    姿勢からの頭痛を訴える方には、主に背中、肩甲骨を重点的にほぐしていきます。
    眼精疲労からの頭痛の方には頭と首の際、首の筋肉全般、こめかみ、眉毛付近、頭皮などをゆっくり緩めてあげます。
    矯正部位は主に上部頚椎、上部~中部胸椎です。

  • 坐骨神経痛

    腰から始まりお尻から太ももの裏を走り、酷くなると足先まで痺れや鈍い痛みを伴うのが坐骨神経痛です。 第4~第5腰椎、第5腰椎~第1仙骨の間から出ている神経でかなり太い神経です。
    坐骨神経痛は腰椎椎間板ヘルニアと密接に関係していますが、坐骨神経痛だからと言って椎間板ヘルニアと言う訳ではありません。
    むしろ少数派で梨状筋や中臀筋が異常に硬く固まってしまった場合になる方のほうが多いかと思います。
    どちらにしても、腰部、臀部、大腿部をメインに関係部位をほぐし、骨盤の矯正胸椎の強制を行います。

術料金

1施術 ¥5,500
(所要時間1時間)
1回 ¥5,500/1h 学生 ¥4,500/1h
※初回時は初診料として別途500円いただいております。
※上記の施術料はH26年4月1日から適用となります。